豊胸手術の失敗のリスクとは

豊胸手術の失敗例

豊胸手術 失敗豊胸手術で失敗、後悔しています。

リスクとデメリットを知っておきましょう豊胸手術の失敗例信頼できる医師を見つけましょう

そうなってしまった場合再手術で硬くなった膜を取り除くか、シリコンバッグを交換するなどの対応が必要になります。
他に起きる失敗例としては、シリコンバッグを入れる場所が悪いと胸に段差が出てしまったり、シワやひきつれが皮膚にできることもあります。
どちらも見た目に変化が出てしまうため、再度修正する手術が必要になってしまいます。
豊胸手術には自分の脂肪を使って行うものもあります。
これは体の脂肪をとっても影響の出にくい部分から脂肪を採取し、それを胸に注入する方法です。
自分の体内から取り出した脂肪を使用するため、体への影響も少なく手術による傷も少ないことがメリットとされています。
ですが脂肪を胸に注入しても希望の大きさまでサイズアップできないことも多く、経過とともに体内に脂肪が吸収されてしまう失敗もあります。
他にも注入した脂肪を異物とみなし、その部分がしこりのように硬くなってしまうこともあります。